hip training

おしりトレーニング

7つのベビーステップ

松尾式おしりトレーニングでもっとも特徴的なエクササイズです。赤ちゃんが生まれてから立つまで7つの発育過程をもとにしています。無理なく段階的におしりをトレーニングできます。

STEP1

あおむけ:体幹力をアップして、おしりスイッチを入れます。

あおむけになって足の幅をこぶし1個分、つま先をまっすぐにキープしておしりを持ち上げ、両膝をしっかり開いて30秒キープ。足裏の外側でしっかりと床を押し、おしりを締めることを意識して、ななめ一直線の高さをキープしてください。3セット行います。

STEP2

横向き:おしりの横の筋肉を鍛えます。美脚につながります。

横向きになって、上側の脚を斜め方向に上げます。脚の付け根から円を描くようにゆっくりとまわします。10回まわしたら、同様に逆回転にまわします。できるだけ膝が下を向かないように、腹筋を使ってまわしましょう。左右3セットを目標に行います。

STEP3

うつぶせ:おしり全体の筋肉を鍛え、背中からおしりにかけての曲線をつくります。

みぞおちから上を反らせて、両脚を開いて膝を外側に向けます。両手を床から浮かせて30秒キープ。お腹は凹ませて、おしりを締めるのがポイントです。3セット行います。

STEP4

よつばい:股関節の柔軟性を高め、美しいヒップラインをつくります。

よつばいになり、両足をこぶし1個分開きます。脚の付け根から曲げて、腰をしっかり反らせたままおしりを後方に下げて30秒キープ。3セット行います。

STEP5

座る:骨盤の前傾をつくり、上半身のバランス力を高めます。

イスに浅く座り、上体を少し斜め前に倒します。片脚を持ち上げて30秒キープ。胸をしっかりと張り、持ち上げている脚の付け根を意識しましょう。左右3セット行います。

STEP6

膝立ち:股関節に加え、膝関節による上半身のバランス力を高めます。背中からおしりの曲線をつくります。

両足をこぶし1個分開きます。膝立ちになって脚の付け根から曲げて、おしりを斜め後方に突き出して30秒キープ。胸を張り、腰の反り感を意識しましょう。3セット行います。

STEP7

立つ:足関節にもよる上半身のバランス力を高めます。丸みのあるヒップをつくります。

脚を前後に開き、前脚に体重を乗せておしりを後方に突き出します。後方の足のかかとを床から離して30秒キープ。足指で床をつかまないように気を付けましょう。3セット行います。