research

おしりタイプとヒップアップに関する調査

おしりタイプとヒップアップに関する調査結果を公表いたします。

おしりの形状は生活習慣や姿勢などとの関連が高いと指摘されています。本調査では、そのおしりの形状を4タイプに分類し、生活習慣や姿勢、さらに身体の不調や生活意識などとの関連を調査する目的で実施しました。

理想的なおしりのタイプは下図の「アヒルタイプ」とされています。各タイプは、主に骨盤の前後の傾き、猫背、頭の位置(首の角度)の組合せで分類されます。
別の調査において、日本人の多くは骨盤が後傾しているとの統計結果があります。また、首の角度の調査では、首のソリが少ない「ストレートネック」多いとの統計もあります。これらの結果から、日本人においては理想であるアヒルタイプがもっとも少ないとされています。

おしり診断
おしり診断

調査方法 : インターネット調査
調査対象者 : 全国のインターネットユーザー及びモニプラ会員
有効回答数 : 1,910件
調査日時 : 2016年2月10日~3月3日
調査期間 : 株式会社ドリーム

回答者_性別
回答者_性別

Q.性別
Q.年齢
Q.身長
Q.体重
Q.背中からヒップのラインのタイプを教えて下さい

おしりタイプ

Q.猫背ですか?
Q. コリを感じる部分はありますか?
(肩/首/腰/背中/腕/手/股関節/脚/足)
Q.生活習慣で当てはまるものを教えて下さい
(座っている時間が長い/椅子に座るとすぐに脚を組んでしまう/靴底がすぐに削れる/階段の登り降りをしない/ヒールのある靴をよく履く)
Q.健康習慣で当てはまるものを教えて下さい
(運動してもなかなか痩せない/脚の運びが重いと感じる/O脚/歩くとすぐに腰や膝がつらくなる/階段でつまずく)
Q.ヒップアップのための体操や運動を行っていますか?
(全くやっていない/ほとんどやっていない/週に1日程度/週に2〜3日程度/週に4〜6日程度/毎日やっている)
Q.自分磨きにかける時間は?
(全くやっていない、1~30分、1時間程度、2時間程度、3時間程度、4時間以上)
Q.ヒップアップケアのための体操や運動で感じた効果を教えて下さい
(スタイルが良くなった/むくみが改善した/疲れにくくなった/便秘が改善した/腰痛が改善した/冷え性が改善した/痩せやすくなった/ひざ痛が改善した)
Q.もっとヒップアップしたいですか?
(簡単ならしたい/頑張ってでもしたい/したいと思わない)
Q.自分は幸せだと思いますか?
Q.自分は健康だと思いますか?
Q.仕事は充実していますか?
Q.恋愛に自信がありますか?
Q.自分は浮気症だと思いますか?
Q.自分は勝ち組だと思いますか?

1) 女性のわずか8.4%!やっぱり少なかった理想の「アヒルタイプ」

「4.おしりタイプ判定結果」の通り、理想のおしりである「アヒルタイプ判定」は女性のわずか8.4%という結果でした。特に洋梨タイプ判定は51.6%と女性の半数を超え、扁平タイプと合わせると68.3%という数値となりました。
年齢別のグラフでは、年齢とともにおしりのボリュームが少なくことに比例し、洋梨タイプ判定から扁平タイプに移行している様子がわかります。
なだれタイプは高齢者に多いと思われがちですが、20代以下でも23.4%と50代以上の27.8%とあまり変わらす、理想とされる「アヒルタイプ判定」は若年層がもっとも少ない数字となりました。近年、若年層の運動能力や筋力の低下が叫ばれていますが、まさにその心配が数字として現れた結果となりました。

%

アヒルタイプの女性

2) ヒップアップケアを頻繁にしている女性はわずか7.2%

ヒップアップのための運動や体操を行う頻度を調査した結果、週4日以上の「頻繁にやっている」女性はわずか7.2%にとどまりました。
詳しくは「8.ヒップアップケアの頻度と健康などとの関連」にて解説しています。

%

ヒップアップのための運動や体操を頻繁にやっている女性

3) 階段の登り降りでアヒルタイプを目指そう!

普段の生活で「階段の登り降りをしない」の 20代の回答では、「アヒルタイプ(11.4%)」は他のタイプ(約32%)と比較し、20ポイントも少ない結果となりました。階段の登り降りは理想のおしりを作る要因になっているかもしれません。筋力において不安の少ない20代でこのような結果が出たことは、アヒルタイプの歩行における優位性を裏付ける数字と言えます。
詳しくは、「6.おしりタイプ判定による生活の影響」にて解説しています。

%

階段の登り降りをしない女性(アヒルタイプ以外)

4) アヒルタイプは腰や背中への負担が少ない

肩のコリや首のコリとおしりタイプとの関係は見えませんでしたが、腰や背中のコリついては、ともにアヒルタイプが最も少ない結果となりました。アヒルタイプが健康に与える影響が少ないことがわかります。
詳しくは、「6.おしりタイプ判定による生活の影響」にて解説しています。

5) 驚くべきヒップアップの効果!

ヒップアップケアの効果として、スタイルだけでなく、「むくみ(25.5%)」や「便秘(24.2%)」や「冷え性(16.1%)」といった多くの女性が抱える慢性的な悩みの改善に効果が高いということがわかりました。また、「腰痛の改善(20.9%)」は、おしりが歩行や自立に密接に関連した部位であることがわかる結果と言えます。
ヒップアップケアは、ロコモ対策だけでなく、すべての女性の健康にとって、非常に効果の高いケアであるという結果となりました。
詳しくは、「6.おしりタイプ判定による生活の影響」にて解説しています。

%

ヒップアップでスタイルがよくなった!

6) 99%の人が「もっとヒップアップしたい」

「もっとヒップアップをしたいですか?」の質問では、「したい」と回答した人が99.2%という結果でした。そのうち、「簡単ならしたい」が74.0%で、「頑張ってでもしたい」が25.2%と、やはりみなさん「簡単」を求めていました。簡単にヒップアップを叶えられる商品はまだまだ少ないので、今後は積極的に商品化をしていきたいと思います。

%

もっとヒップアップしたい女性

7) ヒップアップの効果はスタイルアップだけはない

女性のヒップアップケアの頻度と健康や心理的な充実度を集計した結果は以下のようになり、ヒップアップケアの頻度が健康や心理的に良い方向に影響していることがわかりました。「健康だと思う」、「仕事が充実している」、「恋愛に自信がある」、「勝ち組だと思う」のすべての結果においてヒップアップケアをしている人ほど「はい」(そう思う)という結果となりました。ヒップアップと各項目の意識が連動しており、かつ、ヒップアップケアの結果がこれらの項目に結びついていると言えます。
詳しくは、「7. ヒップアップケアの効果」にて解説しています。

%

ヒップアップケアを頻繁にやっている女性で恋愛に自信があると回答した人